当スタジオのご予約・ご質問はこちら

足痩せ専門シェイプアップスタジオ|ミスリル名古屋

あなたはご存知ですか?太ももでパンツが止まってしまう理由。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
足痩せ専門パーソナルトレーナー / 500名以上の女性のシェイプアップ指導実績 / 2018ミス・アースジャパン愛知講師 / 2016ミス・ユニバース兵庫講師
詳しいプロフィールはこちら

名古屋の足痩せ専門パーソナルトレーナーの田中俊介(タナシュン)です。

今回は、足痩せの宿敵でもあるパンツを履くことについてです。皆さんは太ももの太さが気になる時は、どんなシチュエーションですか?

おそらく、ほとんどの方が口を揃えて言われると思います。それは【パンツを履いた時】です。

特に気になるのは、パンツを履いた時に太ももで詰まって履けない時です。あなたも同じような経験をされたことはありませんか?

細いパンツや昔のパンツが履けなくなる場合、太ももで詰まることが圧倒的に多いです。なぜこのような現象が引き起こるのでしょうか?

太ももが過剰に
太くなっている!

太ももでパンツが詰まるようになりますと、間違いなく引き起こっていることがあります。

それは太ももの過剰な太さです

知らない間に太もも表・外を過剰に使い過ぎてしまった結果、太ってしまうという現象が引き起こります。

どんな時に使い過ぎているかと言いますと、

  • 立っている時
  • 歩いている時
  • ヒールを履いている時

このシチュエーションが圧倒的に太もも表・外を使い過ぎていることが多いです。では、なぜこのように太もも表・外を使い過ぎるようになってしまったのでしょうか?

太ももの骨格ラインに
歪みが引き起こっている

その原因の1つに、太ももの骨格ラインに歪みが引き起こっているからです。具体的に言いますと、骨盤と太ももの繋ぎ目でもある股関節の歪みです。

皆さんの股関節がどのように歪んでいるかと言いますと、内股になっているパターンが圧倒的に多いです。

女性のカラダは男性と違います。特にハッキリと違いが出ているのは【骨盤の横幅】です。女性は男性よりも骨盤の横幅が広いです。

その為、太ももが内股になりやすい構造になっています。内股は、太ももを過剰に太くさせる大きな原因となりますので要注意です。

その結果、パンツを履いた時に太ももで詰まるようになってしまいます。では、内股を少しでも緩和するためには、何をすれば良いのでしょうか?

お尻が緩み始めている

次に大切なことは、お尻を強化することです。内股になっている女性のほとんどが、20代・30代の時よりもお尻がすごく緩んでいます。

お尻の緩みは、股関節の歪みを引き起こす大きな原因です。

お尻が緩むということは、お尻も下がってきますので、ヒップアップが必要になります。お尻の緩みが原因で、太ももの骨格ラインが歪んできますので、エクササイズでのお尻の強化は必須です。

まとめ

パンツが太ももで詰まるようになってしまう原因は、下記になります。

  1. 太もも表・外の太さ
  2. 股関節の歪み
  3. お尻の緩み

これら3つの項目をクリアしていくことで、太ももでパンツが詰まることは減ります。

 

ここで1つポイントがあります。太ももでパンツが詰まるようになりますと、太もものエクササイズを実践される方が見えます。これは絶対にいけません。

なぜなら、太もも表・外が使い過ぎてしまう段階での太ももエクササイズは、さらに太ももを過剰に使い過ぎてしまいます。

まずは、太もものエクササイズは控えるようにしまして、上記の3つの項目から実践してあげて下さい。

足痩せで大切なことは【正しい手順を踏むこと】です。

\ もうスキニーが履けないお悩みとサヨナラ! /

この記事を書いている人 - WRITER -
足痩せ専門パーソナルトレーナー / 500名以上の女性のシェイプアップ指導実績 / 2018ミス・アースジャパン愛知講師 / 2016ミス・ユニバース兵庫講師
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です