当スタジオのご予約・お問い合わせはこちら

下半身痩せ・脚やせ専門トレーニングスタジオ|ミスリル|名古屋

【知らないと損】超簡単!2週間で脚やせする効果的なスクワット|ミスリル名古屋

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
女性専門シェイプアップスタジオ「MITHRIL」代表 / Beyond The World2021日本大会講師 / ミス・アースジャパン2017愛知講師 / ミス・ユニバース2016兵庫講師
詳しいプロフィールはこちら

脚やせの為に、スクワットを実践されている女性はとても多いです。

しかし、脚やせの為に始めたスクワットなのに、思うような成果が出ません。

  • スクワットを行ったら、逆に足が太くなった
  • スクワットを行ったら、パンツがピチピチになった
  • スクワットを行ったら、脚が立派なシルエットになった

このようなお悩みがたくさん出てきます。

本来、正しくスクワットを行えば脚やせは出来ます。

しかし、間違った脚やせスクワットを実践していると全く痩せません。

今回は、効果的に脚やせスクワットを行うポイント・方法をご紹介します。

 

脚やせスクワット
ビフォーアフター紹介

まずは、脚やせスクワットで本当に痩せるのか気になります。

実際に、脚やせスクワットで痩せたお客様のビフォーアフターをご紹介します。

正しいスクワットフォームで実践すると、確実に脚やせスクワットで効果を得られます!

 

40代女性の脚やせスクワット
ビフォーアフター①

40代女性の脚やせスクワットのビフォーアフターを紹介している写真|ミスリル名古屋

こちらのお客様、最初はスクワットを行うと猫背になってしまい、全くしゃがむ事が出来ませんでした。

猫背になると、股関節・膝が正しく曲げられないので、しゃがめなくなってしまいます。

そこで、猫背緩和の為に背中の筋トレ腰の筋トレからスタートしました。

姿勢がキレイになったことで、猫背にならず、スクワットでしゃがめるようになりました!

その結果、見事に脚やせ効果を出すことに成功しました!!

 

30代女性の脚やせスクワット
ビフォーアフター②

30代女性の脚やせスクワットのビフォーアフターを紹介している写真|ミスリル名古屋

こちらのお客様、スクワットを行うと内股になりやすく、お尻・内ももが脂肪太りしていました。

そこで、お尻の筋トレ内ももの筋トレから本格的に取り組み始めました。

取り組んだことで、、内股でのスクワットは解消されて、正しいフォームで行えるようになりました。

その結果、足全体のシルエットが小さく引き締まり、見事に脚やせ効果を出せました!

 

20代女性の脚やせスクワット
ビフォーアフター③

20代女性の脚やせスクワットのビフォーアフターを紹介している写真|ミスリル名古屋

こちらのお客様、スクワットを行うと前もも・外ももに力が入りやすかったです。

そこで、お尻の筋トレ内ももの筋トレを行って、前もも・外ももへの負担を減らしました。

その結果、見事に骨盤から足全体にかけて、キレイに脚やせしました!

また体重はほぼ変化せず、脚だけキレイに引き締まりました!!

 

効果的な脚やせスクワットを行う3つのポイント

脚やせスクワットでの変化が分かりましたら、早速実践したいと思います。

しかし、まだ脚やせスクワットを実践してはいけません。

なぜなら、間違った脚やせスクワットを行うと逆に太ってしまうからです。

そのような悪循環に陥らない為にも、正しく脚やせスクワットを行うポイントを押さえましょう!

  1. 姿勢が歪んだままスクワットしない
  2. 脚の姿勢が歪んだままスクワットしない
  3. 高重量でスクワットしない

1つでも上記のポイントに当てはまると脚やせが出来ないので要注意です!

 

姿勢が歪んだままスクワットしない

スクワットでよく起こるのが「姿勢の歪み」です。

特に皆さんがやりがちな姿勢は「猫背」です。

背中・骨盤を丸くしたままスクワットすると、前もも・外ももに力が入り過ぎます。

その結果、前ももが発達してしまい、前ももの筋肉太りに繋がります。

猫背のままスクワットしない為にも、背中の筋トレ腰の筋トレで防ぎましょう!

 

脚が歪んだままスクワットしない

実はスクワットを行う時、脚の歪みも大きく関係します。

脚の歪みでよくあるのが「内股でのスクワット」です。

内股になると、脚全体が内側に捻れてしまい、お尻の筋肉が伸び切ります。

その結果、お尻が全く使えないままスクワットを行うので脚やせが出来ません。

内股のままスクワットしない為にも、お尻を鍛えて、脚全体を外へ捻れるようにしましょう!

 

高重量でスクワットしない

姿勢・脚の歪みが起こると、前もも・外ももへの負担が大きくなります。

前もも・外ももへの負担が大きいまま、重量を持ったスクワットを行うと、さらに脚が太くなります。

つまり、脚やせの為にやっているスクワットが、逆に太くなる運動になってしまいます。

このような事を起こさない為にも、高重量でスクワットを行うのはやめましょう!

 

スクワットが脚やせに効果的な5つの理由

脚やせスクワットが効果的な理由は下記になります。

  1. 脚の脂肪が減少する
  2. 姿勢が綺麗に整う
  3. 脚のラインが綺麗になる
  4. 基礎代謝が上がる
  5. 冷え・むくみがなくなる

脚やせスクワットのメリットが出るからこそ、実践する意味があります。

脚やせスクワットの目的が1つでも当てはまる方は要チェックです!

 

脚の脂肪が減少する

脚やせスクワットを間違って行うと、前もも・外ももばかり使ってしまいます。

つまり、それ以外のお尻・内もも・もも裏は全く使えていません。

全く使えていないと脂肪太りを起こしてしまう場合があります。

正しく脚やせスクワットを行えると、お尻・内もも・もも裏に刺激が入ります。

その結果、脚の脂肪が減りまして、脚やせが出来ます。

その為にも、正しい脚やせスクワットを実践する事が大切です!

 

姿勢が綺麗に整う

正しい脚やせスクワットを行えると、必然的に姿勢の歪みもなくなります。

姿勢の歪みの中でも「猫背」で行わないようになる事で、背中の筋力が強くなります。

さらに姿勢の歪みがなくなると、前もも・外ももへの過剰な負担を減らせます。

前もも・外もも以外の筋肉へ刺激が入る事で、脚やせ効果も出てきます!

 

脚のラインが綺麗になる

脚やせスクワットでは、歪みがない状態で行う事が大切です。

特に、脚の歪みが起きたままスクワットしてしまう方が多いです。

脚の歪みが起こさないようにスクワットを行えると、結果的に脚の歪みもなくなります。

脚の歪みがなくなれば、脚が細くなると同時に脚のラインも綺麗に整ってきます。

このようなメリットを出す為にも、正しい脚やせスクワットを実践しましょう!

 

基礎代謝が上がる

脚やせスクワットが正しく行えると、バランス良く脚に筋肉が付きます。

脚の筋肉がバランス良く付く事で、基礎代謝も向上します。

基礎代謝が向上すると、運動効果も上がりやすい体になります。

バランス良く筋肉が付くと、脚やせすると同時に太りにくい体にもなります!

正しい脚やせスクワットを行って、基礎代謝を上げましょう!

基礎代謝(BM=Basal Metabolism)とは横臥位(上向きで横になった状態)で肉体的・精神的に安静であり、睡眠することなく、腕や脚などを動かさずに24時間で消費するエネルギー量のことをいいます。この状態でも心臓はもちろん、体温を維持するためなどに筋肉や臓器が活動しているため、エネルギーを消費します。このエネルギー量が基礎代謝量となります。

参照元:TANITA

 

冷え・むくみがなくなる

正しい姿勢でスクワットが行えると、全く歪みがない状態になります。

歪みがなければ、全身の血液の流れがスムーズになります。

もし歪んでしまっていると、血流が滞ってしまい、冷え・むくみに繋がります。

冷え・むくみが起こると、全身に酸素供給が行えないので、脂肪燃焼効果も低下します。

正しく脚やせスクワットを行えると、脂肪燃焼しやすい体になります。

さらに体温も上がるので、体も温かい状態を保てます。

正しい脚やせスクワットを行って、冷え・むくみを緩和しましょう!

 

2週間で効果的に痩せる為の脚やせスクワット法

ここからは、脚やせ効果抜群の正しいスクワットのやり方をご紹介します。

脚やせ効果を出す為にも、スクワットは正しい順番を踏む事が大切です!

  1. 背中の筋トレ
  2. 腰の筋トレ
  3. お尻の筋トレ
  4. 内ももの筋トレ
  5. 足首の筋トレ
  6. スクワット
  7. ワイドスクワット

ほとんどの方が、スクワットから行っていますが、これは大きな間違えです!

スクワットの順番を間違えてしまうと、前もも・外ももを使い過ぎてしまいます。

それらを防ぐ為にも、まずは歪みを整える筋トレから行いましょう。

歪みが綺麗に整ってから、最後にスクワットに入る形が一番オススメです!

 

①背中の筋トレ

こちらの筋トレは「猫背を緩和する効果」があります。

  1. うつ伏せに寝て、両手を頭の後ろで組む
  2. そのまま上体を反らしながら起こす

※みぞおちが床に着いたまま起こす

※腰の根元に力が入り過ぎないように注意しましょう!

 

②腰の筋トレ

こちらの筋トレは「猫背を緩和する効果」があります。

  1. うつ伏せに寝て、両足を持ち上げる
  2. 腰の根元に力が入っている感覚があればOK

※お尻・もも裏に力が入り過ぎないように注意しましょう!

 

③お尻の筋トレ

こちらの筋トレは「内股姿勢を緩和する効果」があります。

  1. 膝が45°で行う筋トレ
  2. 膝が90°で行う筋トレ
  3. 上の足を伸ばしたまま行う筋トレ

※骨盤が後ろへ倒れないように注意しましょう!

 

④内ももの筋トレ

こちらの筋トレは「内股を緩和する効果」があります。

  1. 下の足を上向きにしたまま行う筋トレ
  2. 下の足を下向きにしたまま行う筋トレ
  3. 仰向けのまま、足パカ
  4. 仰向けのまま、足パカクロス

※内ももを使いながら足を動かしましょう!

 

⑤足首の筋トレ

脚やせ効果抜群の正しいスクワットのやり方として、足指の筋トレのやり方を紹介している写真|ミスリル名古屋

こちらの筋トレは「足首が内側に倒れるの緩和する効果」があります。

  1. 両足を伸ばして座る
  2. 最初に親指を前に倒す
  3. 続いて、親指を手前に引き寄せる

※土踏まずが攣らないように注意しましょう

※左右合わせて30回目安に行いましょう

 

⑥スクワット

脚やせ効果抜群の正しいスクワットのやり方として、通常のスクワットのやり方を紹介している写真|ミスリル名古屋

こちらの筋トレは「もも裏・お尻の引き締め効果」があります。

  1. 両足は骨盤幅より少し広めに開く
  2. お尻を軽く後ろへ引きながら下ろす

※猫背・内股にならないように注意しましょう!

※15ー20回を目安に行うとオススメです

 

⑦ワイドスクワット

脚やせ効果抜群の正しいスクワットのやり方として、ワイドスクワットのやり方を紹介している写真|ミスリル名古屋

こちらの筋トレは「内ももの引き締め効果」があります。

  1. 両足を広めに開いて、つま先・膝は斜め45°外へ向ける
  2. お尻を軽く後ろへ引きながら下ろす

※猫背・内股にならないように注意しましょう!

※15ー20回を目安に行うとオススメです

 

まとめ

今回は、スクワットで脚が太くなる原因・効果的なスクワットの方法をご紹介しました。

脚やせするスクワットの為にも、正しい手順を踏むことが大切です。

正しい手順を踏むことで、スクワットで脚やせ効果を引き出せます!

脚やせスクワットで
細くしたい!

この記事を書いている人 - WRITER -
女性専門シェイプアップスタジオ「MITHRIL」代表 / Beyond The World2021日本大会講師 / ミス・アースジャパン2017愛知講師 / ミス・ユニバース2016兵庫講師
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


電話で問い合わせる>