営業時間:9時〜21時(木曜定休)

名古屋のお腹・お尻痩せ専門スタジオがお伝えする、ダイエット百科

【無料】もう太もものサイズでパンツを選ばない買い物をする~美脚の教科書~

太もも痩せのエクササイズを実践したら、逆に太ももが太くなった事はありませんか?

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
オシャレを楽しめる体型作り専門トレーナーとして、女性向けに集団レッスンから個別レッスンの指導を行っています。長年のトレーナー経験を活かして、体型に困っている女性の皆さんに役立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

名古屋の裏ももダイエット®専門トレーナーの田中俊介です。

 

今回は、太もも痩せについてのご紹介を致します。

 

下半身痩せの中でも一番気にされている部位は【太もも痩せ】です。

 

太ももという部位は、スカート・パンツを履く際に、シルエットが気になる部位です。

 

シルエットが崩れてきますと、履けるファッションにも制限が出てきます。

 

だからこそ、太もも痩せのためにもエクササイズを実践される女性の皆さんが多いです。

 

しかし、現実は全く逆のことが起きていました。

 

それは【太もも痩せのためにエクササイズを実践したら、太ももが太くなってしまいました】というお声です。

 

このように太もも痩せで悩まれている方々で、太くなってしまったというお声が本当に多いです。

 

あなたも同じような経験をされていませんか?

 

これにはある原因がありました、それを知っておきますと、太もも痩せエクササイズで太ももが太くなることを予防出来ます。

一番の原因は、骨盤が立てられないこと

太もも痩せエクササイズになりますと、代表的なエクササイズは【スクワット】に関する動作が多くなります。

 

つまり、中腰姿勢での下半身を使ったエクササイズになります。

 

しかし、この時に骨盤をキレイに立てることが出来ないと、ほとんどの皆さんは背中~腰にかけてが丸くなってしまいます。

 

その結果、猫背のような姿勢の状態で、スクワット系のエクササイズを実践することになります。

 

このような姿勢でのスクワット系エクササイズは絶対にNGです。

骨盤がキレイに立たないと太もも表・外へ過剰に力がかかる

上記で、骨盤がキレイに立たないと良くありませんとお伝えしました。

 

その理由は、背中~腰が丸い姿勢でのスクワット系エクササイズは【太もも表・外の使い過ぎ】を促進してしまいます。

 

もし、太もも表・外を使い過ぎたまま、太もも痩せエクササイズを実践しますと、間違いなく太ももは筋肉太りを引き起こします。

 

その結果、太もも痩せエクササイズを実践する前よりも、太ももが太くなってしまうという矛盾した結果に繋がります。

 

そのためにも、中腰姿勢になるスクワット系動作の時に、骨盤が丸くならないように骨盤周りの筋肉の強化が必須です。

まとめ

太もも痩せでよく実践されるスクワット系のエクササイズは、間違った方法を実践しますと、太ももの筋肉太りを促してしまいます。

 

そのためにも、下記の項目をしっかりとクリアしてあげましょう。

☑ スクワット系エクササイズを行っても骨盤を立てるようにする

☑ 骨盤を立てられるようにするためにも、骨盤周りの筋肉の強化をする

☑ 骨盤を立てながら、スクワット系エクササイズを実践する

これらの項目をしっかりとクリアしてあげましょう。

 

骨盤が丸くならないようにするためには、骨盤周りにありますインナーユニットと呼ばれる筋肉(腹横筋・横隔膜・多裂筋・骨盤底筋群)を鍛えてあげる必要があります。

 

そのためにも、骨盤周りの筋肉をしっかりと強化してあげましょう。

【無料プレゼント】
脚やせのノウハウが満載
〜美脚の教科書〜

総ページ20ページ以上の美脚辞典E-book。

脚やせで必要な部位のストレッチ・エクササイズをご紹介しております。

しかも、セルフで手軽に行えるノウハウを厳選ピックアップしました。

脚やせのためには、正しい方法を継続的に実践することです。

ぜひ、今のうちにゲットしてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
オシャレを楽しめる体型作り専門トレーナーとして、女性向けに集団レッスンから個別レッスンの指導を行っています。長年のトレーナー経験を活かして、体型に困っている女性の皆さんに役立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です