営業時間:9時〜21時(木曜定休)

名古屋のお腹・お尻痩せ専門スタジオがお伝えする、ダイエット百科

【無料】もう太もものサイズでパンツを選ばない買い物をする~美脚の教科書~

知らずに履いていませんか!?ヒール・ブーツを履くと脚が痛くなる理由。

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
オシャレを楽しめる体型作り専門トレーナーとして、女性向けに集団レッスンから個別レッスンの指導を行っています。長年のトレーナー経験を活かして、体型に困っている女性の皆さんに役立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

名古屋の裏ももダイエット®専門トレーナーの田中俊介です。

 

今回は、女性の足元のファッションとして欠かせない【ヒール・ブーツ】についてです。

 

ヒール・ブーツは、足元のファッション度を上げるためにも欠かせないアイテムです。

 

しかし、このヒール・ブーツを履くことで、出てきてしまう困ったデメリットもあります。

 

それは脚が痛くなるというデメリットです。

 

脚が痛くなるにも、様々な現象があります。

  • ふくらはぎのむくみが出てくる
  • ヒール・ブーツを履いて歩けなくなる
  • 歩く時、しっかりと膝を伸ばして歩けなくなる
  • ふくらはぎがむくんで、ヒール・ブーツが履けなくなる

などのデメリットが出てきます。

 

なぜ、ヒール・ブーツを履きますと上記のような現象が出てくるのでしょうか?

 

これにはちゃんとした理由があります。

 

つまり、理由があるということは、原因をしっかりと解決しましたら、緩和することが出来ます。

 

ヒール・ブーツをオシャレに履きこなせるようにするためにも、ぜひ原因を知っておきましょう。

 

原因が分かれば、対策はいくらでも練れます。

脚が太くなるのはヒール・ブーツが
悪いのではない

よくヒール・ブーツを履くと脚が太くなると言われます。

 

実はこれ、ヒール・ブーツが悪いのではありません。

 

もしヒール・ブーツが悪者になりますと、

 

ウラモちゃん
『なぜ女優さん・モデルさんは、ヒールを履いているのに美脚なんですか?』

 

このような疑問が出てきてしまいます。

 

女優さん・モデルさんがヒールを履いているのに、脚が太くならない理由がちゃんとあります。

 

それは綺麗な姿勢を常にキープ出来ているからです。

 

つまり、ヒール・ブーツを履いて脚が太くなる原因は【姿勢の歪み】です。

 

ヒール・ブーツを履きますと、つま先立ちに近い姿勢になります。

 

つま先立ちになりますと、腰を反った姿勢になりやすくなります。

 

腰を反って・つま先立ち姿勢になりますと、ふくらはぎへ過剰に力が入りやすくなります。

 

つまり、ふくらはぎの筋肉太りを引き起こす大きな原因になります。

 

さらに腰が反った姿勢になりますと、お腹・お尻の力は非常に抜けやすくなりますので、お腹ポッコリやお尻がたるんでくるという原因にも繋がります。

 

ヒール・ブーツを履くためにも、綺麗な姿勢を作ることが絶対条件です。

 

姿勢が悪くなる理由は
骨盤の歪み

では、姿勢が悪くなって歪んでしまう原因は何でしょうか?

 

それは【骨盤が歪んでいる】からです。

 

骨盤の歪みが引き起こりますと、様々な現象が出てきます。

  • 左右の脚の長さが違う
  • 左右の腰の高さが違う
  • 左右のお尻の形が変わる
  • 左右のくびれの形が変わる
  • 腰の反りや丸みが過剰に出やすくなってしまう(=反り腰&猫背)

骨盤の歪み1つで、こんなにも悪影響が出てきます。

 

骨盤の歪みは、立ち姿勢を綺麗にするためにも、致命傷になってしまいます。

 

そのためにも、骨盤の歪みはしっかりと緩和してあげないといけません。

 

歪み改善のためにも
必要な骨盤周りの筋肉

では、骨盤の歪みが引き起こってしまう原因は何でしょうか?

 

それは【骨盤周りの筋肉の弱化】です。

 

骨盤周りには、たくさんの筋肉があります。

 

その中でも、骨盤の歪みや姿勢の歪みに関与している筋肉はたくさんあります。

  • 腹横筋
  • 骨盤底筋群
  • 横隔膜
  • 多裂筋
  • 腹直筋
  • 内腹斜筋
  • 外腹斜筋
  • 腸肋筋
  • 最長筋
  • 回旋筋
  • 棘間筋
  • 横突間筋
  • 下後鋸筋
  • 腰方形筋

など、細かい筋肉にも含まれていますが、たくさん存在します。

 

骨の配列は、筋肉の力で整えられています。

 

つまり、筋肉の力が弱くなれば、骨の配列は歪んできます。

 

歪みを緩和するためにも、使えていない筋肉を使えるようにすることが大切です。

 

綺麗な姿勢を作るためにも、骨盤周りの筋肉をエクササイズで強化することは必須です。

 

まとめ

ここまで読みますと、ヒール・ブーツを履くと、脚が太くなってしまう原因が分かりました。

 

ヒール・ブーツは悪者ではありません。

 

ヒールやブーツはオールシーズンで履くアイテムです。

 

さらに足元のオシャレ度やキレイ度を出すためにも、欠かせないアイテムです。

 

そんなヒール・ブーツを履けるようにするためにも、下記の項目をしっかりとクリアしてあげましょう。

  • 骨盤の歪みを緩和してあげる
  • 骨盤の歪みの原因でもある、骨盤周りの筋肉の強化
  • 立ち姿勢・歩き姿勢でも、綺麗な姿勢をキープ出来るようにする

これらの項目をしっかりとクリア出来ましたら、あなたもヒール・ブーツを履いても、悩みを持つことは大幅に減ります。

 

ぜひヒール・ブーツをオシャレに履きこなせるように、美しい姿勢作りを目指して下さい。

【無料プレゼント】
脚やせのノウハウが満載
〜美脚の教科書〜

総ページ20ページ以上の美脚辞典E-book。

脚やせで必要な部位のストレッチ・エクササイズをご紹介しております。

しかも、セルフで手軽に行えるノウハウを厳選ピックアップしました。

脚やせのためには、正しい方法を継続的に実践することです。

ぜひ、今のうちにゲットしてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
オシャレを楽しめる体型作り専門トレーナーとして、女性向けに集団レッスンから個別レッスンの指導を行っています。長年のトレーナー経験を活かして、体型に困っている女性の皆さんに役立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です