【お尻痩せチェック】あなたのお尻はどこが掴みやすいですか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
日本初となる、裏ももから脚やせを実現するメソッド「裏ももダイエット」を考案。集団レッスンから個別レッスンまで幅広く指導を行い、2016年ミス・ユニバース兵庫大会、2017年ミス・アースジャパン愛知大会のトレーニング講師を務める。
詳しいプロフィールはこちら

名古屋の裏ももダイエット®専門トレーナーの田中俊介です。

 

今回は、【お尻痩せチェック】あなたのお尻はどこが掴みやすいですか?についてご紹介致します。

 

下半身痩せでも、お悩みを持たれている項目は個々で違います。

 

その中の1つに【お尻痩せ=ヒップアップ】があります。

 

お尻痩せで悩まれている方々の内容の共通点としまして、下記の内容があります。

☑ 後ろから見たお尻の形が崩れている

☑ お尻がたれてきたのがイヤだ

☑ お尻が自分の手で掴めるようになったのがイヤだ

などなど、様々なお悩みがあります。

 

その中でも特に多いのが【お尻を掴めるようになったこと】、この項目で悩まれている女性が多いです。

 

お尻痩せをしたい方は、お尻が掴めるようになったことがイヤで悩んでいます。

 

しかもこのお尻の掴める場所が厄介です。

 

なぜなら、お尻の掴める部分によって実践するべきお尻のエクササイズも変わってくるからです。

 

お尻が掴める部分には個人差がありますので、ご自身が掴めて悩んでいる部分に応じて、下記の内容ご覧下さい。

お尻の上が掴めてしまう方

お尻の上が掴めるようになられた方は、シンプルにお尻の上の筋肉がたるんでしまっている可能性が高いです。

 

お尻の上がたるんできますと、歩く際にお尻の筋肉を使うことが大きく減ってしまいます。

 

その結果、お尻を振りながら歩く姿勢が身についてしまいますので、歩き姿勢がキレイではなくなります。

 

そのためにも、お尻の上のエクササイズをしっかりと実践してあげましょう。

お尻の下が掴めてしまう方(お尻ともも裏の境目がない)

お尻の下が掴めてしまう方は、お尻の下の筋肉がたるんでしまっている可能性が高いです。

 

お尻の下がたるんできますと、お尻ともも裏の境目がなくなってきてしまいます。

 

そうしますと、後ろから見たお尻の形がキレイではなくなってしまいます。

 

またデニムなどを履いた時のお尻のシルエット、ここにも悪影響を及ぼします。

 

そのためにも、お尻の下の筋肉を鍛えるエクササイズを実践してあげましょう。

まとめ

お尻痩せチェックでは、掴める部分によって、お尻痩せエクササイズを使い分ける必要があります。

 

そのためにも、どのお尻の部分が掴めて気になっているのかをしっかりと把握することが大切です。

 

把握出来ましたら、お尻の上と下のどちらのエクササイズを実践するかを決めるだけです。

 

ぜひこれを機会に、お尻の掴める部分でお尻痩せチェックをしてみて下さい。

 

【無料プレゼント!】
脚やせのノウハウが詰まった
〜美脚の教科書〜

総ページ20ページ以上の美脚辞典E-book。

脚やせで必要な部位のストレッチ・エクササイズをご紹介しております。

しかも、セルフで手軽に行えるノウハウを厳選ピックアップしました。

脚やせのためには、正しい方法を継続的に実践することです。

ぜひ、今のうちにゲットしてください。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
日本初となる、裏ももから脚やせを実現するメソッド「裏ももダイエット」を考案。集団レッスンから個別レッスンまで幅広く指導を行い、2016年ミス・ユニバース兵庫大会、2017年ミス・アースジャパン愛知大会のトレーニング講師を務める。
詳しいプロフィールはこちら

もう昔のパンツ、
履けないと諦めていませんか?

これまで、脚やせトレーナーとして150人以上のお尻やせ・脚やせを実現してきました。様々なダイエットに挑戦し、下半身痩せの結果が出なかった…、そんな40代女性のお客様でも絶対に諦めません。

☑︎昔のパンツが履けなくて諦めました…
☑︎様々な事を実践したけど成果が出ない
☑︎ダイエットをしたけど、脚は痩せない
☑︎太ももに合わせて、パンツ購入がイヤ
☑︎太もも表の盛り上がりが気になる…
☑︎太もも外の盛り上がりを見たくない
☑︎お尻と裏ももの境目がない!

脚やせ専門家の最後の砦として、
本気で成果を出していきます。

Copyright© 裏ももダイエット|美しさは40代から名古屋の脚やせ專門スタジオ , 2017 All Rights Reserved.