営業時間:9時〜21時(木曜定休)

名古屋のお腹・お尻痩せ専門スタジオがお伝えする、ダイエット百科

【無料】もう太もものサイズでパンツを選ばない買い物をする~美脚の教科書~

年齢と共に、履いているパンツに窮屈感を感じているあなたへ

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
オシャレを楽しめる体型作り専門トレーナーとして、女性向けに集団レッスンから個別レッスンの指導を行っています。長年のトレーナー経験を活かして、体型に困っている女性の皆さんに役立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

名古屋の裏ももダイエット®専門トレーナーの田中俊介です。

 

今回は、年齢と共にパンツが窮屈になってくる内容をご紹介致します。

 

下半身痩せに関する悩みは、女性にとって永遠のテーマです。

 

『下半身痩せをしなくてはいけない!』、このように感じる瞬間が主に3パターンあります。

☑ 鏡でご自身の姿を見た時

⇒あれ?以前よりもシルエットが大きくなっている・・・ 

☑ いつも履いているパンツが履きにくくなった時

⇒ん?いつも履いているパンツに窮屈感がある・・・

☑ 掴めなかった部位が掴めるようになった時

⇒あれ?この部分、こんなに掴めなかったのに・・・

この3パターンが主な典型です。

 

年齢と共に、カラダは着実に変化してきます。

 

それと同時に、パンツにも窮屈感が出てきてしまいます。

 

これを当たり前にはしてほしくありません。

 

なぜなら、パンツに窮屈感が出てくるのには理由があるからです。

年齢と共に少なくなる筋肉量=筋肉の引き締まり

カラダの美しさの資本となります【筋肉】

 

筋肉は20歳を境目に、徐々に減っていきます。これは研究結果でも証明されております。

 

だからと言って、そのまま筋肉が減る流れに乗ってはいけません。

 

年齢と共に筋肉が少なくなりますと、カラダの基礎代謝も徐々に下がってきます。

 

その結果、運動効果が出にくいカラダに変わってしまいます。

 

さらには、筋肉の締まりがなくなり、たるんだカラダになってしまいます。

 

そうなりますと、見た目年齢も実年齢よりも上に見られてしまう可能性があります。

 

人間のカラダにとって、筋肉は絶対に必要なカラダの資本です。

 

筋肉があってのカラダ、カラダがあっての引き締まり、引き締まりがあっての美しさ。

 

そのためにも、筋肉へ刺激を与える運動は大切な要素です。

年齢と共に歪んでくる姿勢

年齢と共に筋肉が減ってきますと、さらに困ることが引き起こります。

 

それは【姿勢の歪み】です。

 

美しい姿勢は、筋肉で骨を正しい配列に安定することで成り立ちます。

 

もし、筋肉が減ってしまえば、必然的に姿勢も歪んできます。

 

姿勢が歪みますと、関節へ過剰な負担をかけるようになります。

 

その結果、痛みとして症状が出てくる可能性もあります。

 

筋肉が減ってしまうことで、姿勢という要素に悪影響を与えてきますので、筋肉には引き締まりが必要です。

まとめ

年齢と共にパンツに窮屈感が出てくる理由は【筋肉の減少&たるみ】です。

 

その結果、【姿勢の歪み】という要素も含まれてしまいます。

 

いつまでも自分の好きなパンツを履けるようにするためにも、カラダの資本となる筋肉。

 

この筋肉をどれだけ良い状態をキープ出来るかが大切です。

 

そのためにも、ご自身で出来るエクササイズから取り組まれることがオススメです。

【無料プレゼント】
脚やせのノウハウが満載
〜美脚の教科書〜

総ページ20ページ以上の美脚辞典E-book。

脚やせで必要な部位のストレッチ・エクササイズをご紹介しております。

しかも、セルフで手軽に行えるノウハウを厳選ピックアップしました。

脚やせのためには、正しい方法を継続的に実践することです。

ぜひ、今のうちにゲットしてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
オシャレを楽しめる体型作り専門トレーナーとして、女性向けに集団レッスンから個別レッスンの指導を行っています。長年のトレーナー経験を活かして、体型に困っている女性の皆さんに役立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です