当スタジオのご予約・お問い合わせはこちら

脚やせ・下半身痩せ専門ピラティス&ボディメイクスタジオ

【成功テク】足が太くてズボンが履けない女性の為のダイエット法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
女性専門シェイプアップスタジオ「MITHRIL」代表 / Beyond The World2021日本大会講師 / ミス・アースジャパン2017愛知講師 / ミス・ユニバース2016兵庫講師
詳しいプロフィールはこちら

足の太さが気になる1つに「ズボンが履けない」という瞬間があります。

具体的に下記のような悩みが出てきます。

  • 太もも表の盛り上がりが嫌だ
  • 太もも外の張りが気になって嫌だ
  • ふくらはぎ外の盛り上がりが気になる
  • ズボンが途中で詰まってしまう
  • ウエストに合わせたサイズ選びが嫌だ

あなたの悩みも当てはまっていませんか?

足の太さの影響でズボンが履けないと、洋服選びですごく困ります。

 

そこで今回は、ズボンが履けない女性のダイエット法をご紹介します。

ここを知る事で、今後洋服選びで悩む事がクリアされます。

ぜひ内容をチェックしましょう。

 

女性がズボンを履けない7つの理由

まずは、女性がズボンを履けない7つの理由をご紹介します。

  • 生まれつき女性の体型には個人差がある
  • 筋肉太り
  • 脂肪太り
  • 姿勢の歪み
  • 歩き姿勢の歪み
  • 産後の骨盤の広がり
  • むくみ

1つでも当てはまっている方は要注意です。

ここを知らないままでのダイエット法の実践はNGですので、必ずチェックしましょう!

 

生まれつき女性の体型には個人差がある

女性がスキニーを履けない理由の1つとして、体型の違いがある事を紹介している写真|ミスリル名古屋

1つ目の理由は、女性の体型には生まれつき個人差があります。

特に体型に個人差が出てくるのが「肩幅」「骨盤幅」です。

 

さらに、肩幅・骨盤幅に合わせて「5つの体型タイプ」が存在します。

  • X型:肩幅と骨盤幅が共に広い
  • I型:肩幅と骨盤幅が共に狭い
  • A型:肩幅が狭く、骨盤幅が広い
  • V型:肩幅が広く、骨盤幅が狭い
  • O型:全体的に横幅が広い

特に日本人女性に多いと言われているのが「A型」で、下半身が太く見えやすい体型です。

この場合、上半身の姿勢の歪みを整えたり、上半身のボリュームをつける事が必須です。

 

筋肉太り

2つ目の理由は「筋肉太り」です。

特にズボンが履けない女性は、太もも表・外が筋肉太りを引き起こしています。

普段からの姿勢が歪んでしますと、太もも表・外を過剰に使ってしまう事が原因です。

 

つまり、そのような状態で太ももの筋トレを行うと、さらに太くなる可能性があります。

そうならない為にも、太もも表・外を使い過ぎないように姿勢を整える事が必須です。

間違っても、太ももから鍛えないようにしましょう。

 

脂肪太り

3つ目の理由は「脂肪太り」です。

下半身には、普段から全く使わない部位があります。

それが「お尻」「内もも」になります。

 

太もも表・外が過剰に使ってしまうので、お尻と内ももが全く使わなくなります。

その結果、お尻と内もも周りがどんどん緩んでしまい、脂肪太りを引き起こします。

これらを解消する為にも、お尻と内ももをしっかりと鍛えましょう。

 

姿勢の歪み

4つ目の理由は「姿勢の歪み」です。

特に歪みやすいのが座り姿勢です。

座り姿勢の歪みの代表格が「猫背」です。

 

猫背になると、背骨から骨盤にかけて大きく丸くなります。

丸くなってしまうと、お尻や内ももの筋肉が大きく引き伸ばされてしまい緩む原因に繋がります。

そうならない為にも、普段からの座り姿勢を正しく整える事が必須です。

 

歩き姿勢の歪み

5つ目の理由は「歩き姿勢の歪み」です。

歩き姿勢が歪んだまま、普段から過ごしていると使う筋肉と使わない筋肉が出てきます。

特に歩き姿勢の歪みの代表格は「内股歩き」です。

 

内股歩きは、足全体が内側に大きく捻れる歪みを指します。

内股になると、お尻や内ももが全く使えなくなり、緩みやすくなります。

さらに太もも表・外がカバーするように使われ過ぎてしまい、太くなる原因にもなります。

そうならない為にも、普段から正しい歩き姿勢を実践する事が大切です。

 

産後の骨盤の広がり

6つ目の理由は「産後の骨盤の広がり」です。

こちらは出産の有無が関係しますが、出産経験がある方は骨盤が広い事が多いです。

つまり、骨盤周りにある筋肉が大きく引き伸ばされて緩んでいるからです。

 

骨盤周りの筋肉が緩んでしまうと、骨盤も横に広がってしまいます。

その結果、骨盤の広がりが原因でズボンが履けなくなってしまいます。

そうならない為にも、骨盤周りをちゃんと引き締める事が必須です。

 

むくみ

7つ目の理由は「むくみ」です。

普段から正しく下半身の筋肉を使えないと、下半身の血行不良が引き起こります。

その結果、下半身全体がむくんでしまい、ズボンを履く時に詰まる原因になります。

 

むくみが引き起こる原因の1つに「姿勢の歪み」が挙げられます。

姿勢が歪んでしまうと、骨や関節が本来の位置にないので、血管が挟み込まれたりします。

そうならない為にも、ストレッチで歪んでいる部位を柔らかくする事が必須です。

 

ズボンが履けるようになる5つの方法

ここからは、ズボンが履けるようになる5つの方法を解説します。

  • 座り姿勢の作り方
  • 歩き姿勢の作り方
  • ストレッチ
  • 筋トレ
  • 洋服の選び方

あなたのライフスタイルに合わせて、実践できる方法を選択しましょう。

 

座り姿勢の作り方

こちらの座り姿勢を作る事で、骨盤を引き締める効果があります。

  1. 座ったまま、軽く腰を反って骨盤を立てる
  2. 下腹、みぞおちを薄く凹ませてキープ
  3. 胸を軽く持ち上げたままキープ
  4. この姿勢を1ー3分キープ

※腰が反り過ぎないように注意します

 

歩き姿勢の作り方

こちらの歩き姿勢を作る事で、内股を緩和する効果があります。

  1. 前足のつま先は軽く外へ向ける
  2. 前足の真上に体重を乗せる
  3. 前足のお尻が外に飛び出さないように締める
  4. 下腹、みぞおちを薄く凹ませたままキープ

※常に膝が伸び切らないようにします

 

ストレッチ

続いては、ストレッチをご紹介します。

ストレッチでは、固い筋肉を柔らかくして、正しい姿勢を作りやすくします。

 

骨盤のストレッチ

【難易度:★☆☆】

 

こちらのストレッチは、骨盤の歪みを整える効果があります。

  1. 仰向け寝たら、片足を両手で抱える
  2. もう一方の足は伸ばしたままキープ
  3. そのまま5秒キープしたら反対の足に切り替える
  4. 左右5秒×5セットがオススメ

※お尻が浮き過ぎないように注意します

 

お尻のストレッチ

【難易度:★☆☆】

こちらのストレッチは、内股を緩和する効果があります。

  1. 座ったまま、お尻横のストレッチ
  2. 座ったまま、お尻裏のストレッチ
  3. 仰向けに寝たまま、お尻裏のストレッチ

※首や肩に力が入り過ぎないように注意します

 

筋トレ

こちらでは、筋トレをご紹介します。

あなたの目的に応じて必要な筋トレを選択しましょう。

 

腰の筋トレ

【難易度:★★☆】

こちらの筋トレは、骨盤の広がりを緩和してくれる効果があります。

  1. うつ伏せに寝て、両手を顎下に置く
  2. そのまま、両足を持ち上げる
  3. 20ー30回目安に行うのがオススメ

 

お尻の筋トレ

【難易度:★★☆】

こちらの筋トレは、骨盤の広がりを緩和してくれる効果があります。

  1. うつ伏せに寝て、両手を顎下に置く
  2. そのまま、両足を持ち上げる
  3. 20ー30回目安に行うのがオススメ

※上半身が浮かないように注意します

 

内ももの筋トレ

【難易度:★★★】

こちらの筋トレは、骨盤の広がりを緩和してくれる効果があります。

  1. 横向きに寝て、下の足を上に向けたまま上下
  2. 横向きに寝て、下の足を下に向けたまま上下
  3. 仰向けに寝て、足パカ
  4. 仰向けに寝て、足パカクロス

※内ももを使いながら足を動かします

 

洋服の選び方 

続いては、洋服の選び方をご紹介します。

足のシルエットに合わせて、洋服の種類も違います。

あなたの体型に合った洋服を選びましょう。

 

黒色・寒色系を選ぶ

足が太くてお悩みの方にオススメは「黒色」です。

 

もし黒色がない場合「寒色系のズボン」もオススメです。

 

デザインは縦柄がオススメ

足の太さが気になる場合は「縦柄のデザイン」がオススメです。

縦柄のズボンを履く事で、足のシルエットが膨張するので細く見せれます。

 

膝が隠れるフレアスカート

ズボンが履けない女性の体型に多いのが「A型体型」です。

そこでオススメなのが「フレアスカート」です。

上半身の細いシルエットを強調することで、足を細く見せれます。

 

ロールアップ

足を細く見せるための方法に「足首のロールアップ」がオススメです。

足首をほっそり見せる事で足のラインを細く見せれます。

 

ヒールやブーツを履く

ズボンを履きこなすために、「ヒールやブーツを履く」のもオススメです。

ヒールやブーツを履くことで、足の縦ラインが綺麗になるので、足全体が細く見せれます。

 

まとめ

今回は、ズボンが履けない理由・ダイエット法・洋服選びについてご紹介しました。

ズボンが履けない一番の理由は「姿勢の歪み」です。

ここをクリアしない限り、どれだけ頑張ってもズボンはいつまでも履けません。

本気でズボンを履けるようにしたい方は、姿勢の歪みからちゃんと整えましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
女性専門シェイプアップスタジオ「MITHRIL」代表 / Beyond The World2021日本大会講師 / ミス・アースジャパン2017愛知講師 / ミス・ユニバース2016兵庫講師
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


電話で問い合わせる>