当スタジオのご予約・お問い合わせはこちら

下半身痩せ・骨盤矯正専門パーソナルトレーニング|ミスリル|名古屋

【ふくらはぎ痩せを実現!】一番のデメリットはつま先立ちにあり|ミスリル名古屋

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
足痩せ専門パーソナルトレーナー / 500名以上の女性のシェイプアップ指導実績 / 2018ミス・アースジャパン愛知講師 / 2016ミス・ユニバース兵庫講師
詳しいプロフィールはこちら

名古屋のふくらはぎ痩せ専門パーソナルトレーナーの田中俊介(タナシュン)です。

今回は、つま先立ちがふくらはぎ痩せに良くない理由についてご紹介します。ふくらはぎ痩せで悩まれている女性は多いですので、今回の内容はオススメです!

ふくらはぎ痩せで
お悩みの方はこんな人

ふくらはぎ痩せで悩まれている女性は、下記のお悩み項目があります↓

  • ふくらはぎが常にパンパン
  • ふくらはぎ内側だけが盛り上がる
  • ふくらはぎ外側だけが盛り上がる
  • ふくらはぎが歪んでしまっている
  • ふくらはぎ全体がゴツく発達する

このようなふくらはぎ痩せのお悩みをお持ちです。1つでも項目に当てはまった方は、今回のふくらはぎ痩せの内容は要チェックです!

つま先立ちがふくらはぎ痩せに
良くない理由とは?

まずはつま先立ちがふくらはぎ痩せに良くない理由、つまり「デメリット」をご紹介します。ここをスルーして行うふくらはぎ痩せは絶対にNGですので、絶対にチェックして下さい!

つま先立ちのデメリット
〜ふくらはぎ編〜

つま先立ちでふくらはぎを使い過ぎて太い

ふくらはぎの太さで悩まれている女性のほとんどが「ふくらはぎの筋肉太り」を引き起こしています。

つまり、普段からの立ち方・歩き方で使い過ぎている事が大きな理由です。

その為にも、ふくらはぎを使い過ぎないようにする事が必須です!

つま先立ちでふくらはぎの筋肉痛チェック

2つ目は「ふくらはぎの筋肉痛」の見極めです。

ふくらはぎの筋肉痛でよくあるのが、ふくらはぎの外だけ筋肉痛orふくらはぎの内側だけ筋肉痛という偏りです。

これもふくらはぎの筋肉太りに繋がってしまうので、ふくらはぎ全体に筋肉痛が起こると理想的です。

つま先立ちでふくらはぎがつるのもNG

3つ目は「ふくらはぎがつる」という点です。

ふくらはぎの外側or内側のどちらかを偏って使っていると、ふくらはぎもつりやすくなります。

もしふくらはぎがよくつるという方は、ふくらはぎの偏った使い過ぎが大きく関係しています。

足首が緩いままのつま先立ちはNG

4つ目は「足首の緩さ」です。

足首が緩い女性が多く、その状態でのつま先立ちは、ふくらはぎの筋肉太りにも繋がります。

足首をちゃんとした姿勢で固定させる事が大切です!

足指が緩いままのつま先立ちはNG

5つ目は「足指の緩さ」です。

これは足首と一緒ですが、足指が緩くなると正しく立てなくなり、ふくらはぎへ過剰な負担がかかってしまいます。

その為にも、足首・足指は一緒に正しい姿勢で保てるように鍛える必要があります!

つま先立ちのデメリット
〜ヒール・パンプス編〜

ここで少し視点を変えて「ヒール・パンプス」と「つま先立ち」の関係性をご紹介します。結論から言いますと、ヒール・パンプスは履いてもOKです。しかし、ポイントをちゃんと押さえた上で履きましょう!

間違った履き方はNG

ヒール・パンプスでは「履き方」の影響を大きく受けます。

履き方のポイントは「サイズが合っている」という事が大切です。

ほとんどの女性が、ヒール・パンプスを履くとスカスカになっている事がありますので要注意です!

歩く時に膝を曲げない!

ヒール・パンプスを履く時は「歩き方」の影響も大きく受けます。

特にヒール・パンプスを履いている時に膝を曲げて歩く女性が非常に多いです。

この歩き方は、逆にふくらはぎを太くしてしまうので、必ず膝を伸ばして歩きましょう!

立ち仕事でパンパンになる

ヒール・パンプスを履くと「むくみ」の影響が出てきます。

特に立ち仕事が多い方は、常につま先立ちに体重が乗っている傾向が多いです。これは常につま先立ちしている状態です。

ふくらはぎがパンパンになる方は、重心をかかと:つま先=7:3の割合で立つようにしましょう!

つま先立ちでふくらはぎ痩せする
必要なポイント

続いては、つま先立ちでふくらはぎ痩せする為の必要なポイントをご紹介します。

足の姿勢を綺麗に整える

1つ目は「足の姿勢を整える」というポイントです。

つま先立ちでふくらはぎ痩せをする為にも、足の姿勢が歪んでいる(O脚・X脚・XO脚)と逆に太くなる場合があります。

その為にも、足の姿勢を整えて真っ直ぐのラインを作る事が必要です!

歩き方を整える

2つ目は「歩き方の歪み」です。

歩く際の姿勢が歪んでいると、ふくらはぎへ過剰な負担がかかり、太くなる場合があります。

ふくらはぎの負担を減らす為にも、歩く時は猫背・反り腰にならないように注意しましょう!

足首を強くする

3つ目は「足首を強くする」というポイントです。

つま先立ちでふくらはぎ痩せが出来ない方は、足首が正しく安定出来ずに歪んだままである事が非常に多いです。

足首は真っ直ぐの状態で安定させて、つま先立ちを行う事が大切です!

足指を強くする

4つ目は「足指を強くする」というポイントです。

足指が弱いと、正しく足首を固定出来ないと同時に、正しく立つ事が出来なくなります。

その為にも、足指を強くして、足首を固定して正しく立てるようにする事が必要です。

つま先たちで
ふくらはぎ痩せする筋トレ

ここからはふくらはぎ痩せの筋トレをご紹介します。

つま先立ちで足首を細くする方法

足指の筋トレ①

つま先たちでふくらはぎ痩せする為の筋トレで、足指を伸ばす筋トレを紹介している写真|ミスリル名古屋

足指を1本ずつ押しながら伸ばします。固いとポキッと音がなりますが問題ありません。3ー5往復を目安に実践しましょう。

足指の筋トレ②

つま先たちでふくらはぎ痩せする為の筋トレで、足指を動かす筋トレを紹介している写真|ミスリル名古屋

左右の親指を前に押しましたら、次は親指を手前に倒すという繰り返しです。特に親指を使うので、つらないように注意しましょう。回数は20回目安で行いましょう。

足首の筋トレ

つま先たちでふくらはぎ痩せする為の筋トレで、足首を動かす筋トレを紹介している写真|ミスリル名古屋

立ったまま、足首を外捻り→内捻りと繰り返し動かします。この際、足裏が浮かないように実践しましょう!左右20回ずつ行いましょう!

ふくらはぎの筋トレ

つま先たちでふくらはぎ痩せする為の筋トレで、ふくらはぎの筋トレを紹介している写真|ミスリル名古屋

写真のように膝立ち姿勢で、つま先立ちを行います。この際、膝下のラインは真っ直ぐ+足の甲は正面向きを意識しましょう。左右20回を目安に行いましょう!

<足首痩せダイエット>
ビフォーアフターのコツ

つま先立ちで正しく足首痩せ・ふくらはぎ痩せを行う為にも、エクササイズを行う際の「足首ライン」はすごく大切になります。

下記の写真のように、足首が歪んだままでのエクササイズは絶対にNGです↓

足首痩せダイエットのビフォーアフターのコツとして、エクササイズを行う時は足首の歪みに気をつける事を紹介している写真|ミスリル写真

見た目でも分かるように、足首ラインが歪んでしまうと太く見えてしまい、足首もなくなってしまいます。

足首痩せの為にも、ちゃんと正しい足首ラインを保ちながらエクササイズは行いましょう!

最後に・・・

今回は、つま先立ちがふくらはぎ痩せに良くない理由・デメリット・痩せる為のポイントをご紹介しました。

間違った方法を実践しなければ、つま先立ちを行ってもふくらはぎ痩せは実現出来ます。

ぜひ今回ご紹介した方法を正しく実践してみて下さいね!

\正しいふくらはぎ痩せを
実践して引き締める!/

この記事を書いている人 - WRITER -
足痩せ専門パーソナルトレーナー / 500名以上の女性のシェイプアップ指導実績 / 2018ミス・アースジャパン愛知講師 / 2016ミス・ユニバース兵庫講師
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA