営業時間:9時〜21時(木曜定休)

名古屋のお腹・お尻痩せ専門スタジオがお伝えする、ダイエット百科

【無料】もう太もものサイズでパンツを選ばない買い物をする~美脚の教科書~

太もも痩せに欠かせない内ももの引き締め!

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
日本初となる、裏ももから脚やせを実現するメソッド「裏ももダイエット」を考案。集団レッスンから個別レッスンまで幅広く指導を行い、2016年ミス・ユニバース兵庫大会、2017年ミス・アースジャパン愛知大会のトレーニング講師を務める。
詳しいプロフィールはこちら

皆さんこんにちは、名古屋の脚やせトレーナー田中俊介です。

今回ご紹介するのは、内ももエクササイズになります。

太ももの中で気になる部位の1つ【内もも】

脚やせで太ももの隙間を作るためにも欠かせない筋肉でもある内もも。

内ももが正しく使えるようになることで、太ももの隙間作りやO脚改善に繋がります。

さらに内ももの筋肉は、たくさんの筋肉で構成されています。

そのため、複数の種目を実践されることがオススメです。

しっかりと内ももの筋肉を使えるようにしてあげましょう。

内もものエクササイズ(内ももの根本)①

【1】横向きに寝ましたら、上の脚は前に出しまして、下の脚は伸ばします。

【2】そのまま、下の脚の膝・つま先を上に向けて持ち上げます。

脚やせで太ももの隙間を作るために内ももは大切です。

内もものエクササイズ(膝上の内もも)②

【1】横向きに寝ましたら、上の脚は前に出しまして、下の脚は伸ばします。

【2】そのまま、下の脚を膝・つま先を下に向けたまま持ち上げます。

脚やせのために内ももの筋肉は欠かせません。

両方のエクササイズの回数の目安は、10~15回×1~2セットでOKです。

<注意点>
・骨盤が不安定になるとお腹の横を使い過ぎてしまうので、骨盤は動かないように固定します

【無料プレゼント】
脚やせのノウハウが満載
〜美脚の教科書〜

総ページ20ページ以上の美脚辞典E-book。

脚やせで必要な部位のストレッチ・エクササイズをご紹介しております。

しかも、セルフで手軽に行えるノウハウを厳選ピックアップしました。

脚やせのためには、正しい方法を継続的に実践することです。

ぜひ、今のうちにゲットしてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
日本初となる、裏ももから脚やせを実現するメソッド「裏ももダイエット」を考案。集団レッスンから個別レッスンまで幅広く指導を行い、2016年ミス・ユニバース兵庫大会、2017年ミス・アースジャパン愛知大会のトレーニング講師を務める。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です