初回体験レッスンのご予約はこちら

名古屋の脚やせ・下半身痩せ専門ボディメイクスタジオ

【無料】もう太もものサイズでパンツを選ばない買い物をする~美脚の教科書~

脚やせダイエットをする上で、骨盤の引き締め矯正・ウエスト引き締めは大切

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
オシャレを楽しめる体型作り専門トレーナーとして、女性向けに集団レッスンから個別レッスンの指導を行っています。長年のトレーナー経験を活かして、体型に困っている女性の皆さんに役立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

名古屋の脚やせトレーナー田中俊介です。

 

さて今回は、脚やせをする上での、骨盤の引き締め矯正ウエスト引き締め効果についてご紹介します。

 

脚やせを目指す上で、骨盤の引き締め矯正・ウエスト引き締めと非常に密接な関係があります。

 

なぜ、脚のシルエットに骨盤が関係するのでしょうか?これにはちゃんとした理由があります。

 

今回はこの理由について、詳しくご紹介します。

原因は、姿勢の歪み

骨盤の引き締め矯正・ウエストの引き締めをする際、必ず改善しないといけない項目が姿勢の歪みです。

 

これは骨盤の歪みを指します。

 

姿勢・骨盤が歪んだまま、お腹のエクササイズを行いましても、綺麗に引き締まりません。

 

なぜなら、歪んだままエクササイズを行っているので、正しくお腹に力が入らないからです。

 

正しく力が入らなければ効果も大幅に減ります。このまま行っても、成果が出ない負の連鎖に陥ります。そのためにも、しっかりと骨盤の歪みから改善しましょう。

 

脚やせのためには、正しい姿勢が大切になりますので、骨盤矯正は必須です。

 

お腹の筋肉の使い方とは!?

意外に知られていないのが、お腹の筋肉のメカニズムです。

 

おそらく、皆さんがイメージされるのは、お腹とは「腹筋」になります。

 

これは6つに割れる筋肉で、専門用語では腹直筋(ふくちょっきん)と呼ばれる筋肉です。

 

はっきり言いますと、腹直筋をたくさん行っても骨盤の引き締め矯正・ウエストの引き締めは出来ません。これは、100%言い切れます。

 

なぜなら、腹直筋は、お腹を凹ませてくれる筋肉ではないからです。腹直筋は表面の筋肉になりますが、表面の筋肉にはお腹を凹ませる要素がありません。

 

ウラモちゃん

えっ!?そうだったんですか??

 

つまり、腹直筋以外の筋肉を正しく使えるようにしないと、骨盤・ウエストの引き締めは出来ません。

 

その筋肉を正しく使えないままエクササイズを行っても、骨盤の引き締め矯正・ウエストは引き締まりません。

 

骨盤・ウエストの引き締めに関与する筋肉は内面の筋肉になります。この内面の筋肉をインナーマッスルと呼びます。

 

インナーマッスルは身体の一番奥にある筋肉になりまして、骨を正しく支えてくれる働きを持っています。骨を正しく支えてくれることで姿勢の歪みが綺麗に改善されます。

 

姿勢が綺麗に改善されることで、骨盤の歪みも矯正されまして、お腹の筋肉へ正しく力が入りやすくなります。そのためにも、お腹のインナーマッスルを正しく使えるようにすることが大切になります。

 

骨盤周りの筋肉以外へ
力が入り過ぎている

お腹の筋肉が正しく使えなくなりますと、お腹以外の筋肉へ過剰に力が入りやすくなります。

 

特に力が入りやすい筋肉は、

  • お尻
  • 肩周り
  • 首周り
  • 太もも表
  • 太もも外

などになります。

 

もう皆さんもお気づきだと思います。お腹が正しく使えないと、下半身は偏った形で過剰に力が入ってしまいます。

 

その結果、下半身の筋肉太りが引き起こります。

 

また、これらの筋肉が働き過ぎていしまいますと、お腹のエクササイズの時に力が優先的に入ってしまいます。

 

その結果、お腹のエクササイズではなく、上記にあげた筋肉のエクササイズへ切り替わってしまいます。

 

これではたくさんエクササイズを行いましても、骨盤の引き締め矯正・ウエストの引き締めは出来ません。綺麗に引き締めるためにも、お腹の力が入れやすいように筋肉の緊張をほぐしておくことが重要になります。

 

まとめ

上記にあげました内容は、骨盤の引き締め矯正・ウエストを引き締める上で大切な項目になります。

 

ここを無視してお腹のエクササイズを行っても、成果が出ないのは、目に見えております。そのような事がないようにするためにも、正しくお腹の筋肉を使えるようにエクササイズで練習してあげましょう。

 

骨盤の引き締め矯正・ウエストを綺麗に引き締めるために必要な筋肉は、

  • 腹横筋(ふくおうきん)
  • 骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)
  • 多裂筋(たれつきん)
  • 横隔膜(おうかくまく)

これらの筋肉になります。

 

特に「腹横筋」「骨盤底筋群」という筋肉は、ウエスト引き締めの際に欠かすことが出来ない筋肉になります。

 

ウエストが細くならない場合は、腹横筋・骨盤底筋群が正しく使えていない可能性が高いです。

 

ちなみに、骨盤底筋群がゆるくなりますと、頻繁に起こる症状は尿漏れになります。

 

これらの筋肉を正しく使えるように、エクササイズで練習することが大切になります。

 

今回は、これらの筋肉を正しく使えるようにするためのエクササイズをご紹介します。

 

ウエスト引き締め
&
骨盤引き締めエクササイズ

【1】両膝を立てまして、仰向けに寝ます。

 

【2】腰の隙間は手のひら1枚分の隙間を作ります。

 

【3】腰の隙間を作ったまま、鼻から息を大きく吸ってお腹を膨らませます。

 

【4】口から息を吐きながら、お腹を薄くへこませます。薄くへこませることで腹横筋へ刺激が入ります。

※この際、お腹を薄くへこませながら、お腹を横へ広げるようにしながらへこませますとより効果的です

 

【5】さらに、お腹を凹ませながら、膣でお水を吸い上げる意識を持ちましょう。この意識を持つことで、骨盤底筋群へ刺激が入ります。

 

これらの流れでお腹のエクササイズを1日15回を目安に実践してみて下さい。

 

毎日実践するだけでも、骨盤の引き締め矯正・ウエスト周りの引き締めは着実に行えますので、ぜひ実践してみて下さい。

【無料プレゼント】
脚やせノウハウ満載
〜美脚の教科書〜

総ページ20ページ以上の美脚辞典E-book。

脚やせで必要な部位のストレッチ・エクササイズをご紹介しております。

しかも、セルフで手軽に行えるノウハウを厳選ピックアップしました。

脚やせのためには、正しい方法を継続的に実践することです。

ぜひ、今のうちにゲットしてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
オシャレを楽しめる体型作り専門トレーナーとして、女性向けに集団レッスンから個別レッスンの指導を行っています。長年のトレーナー経験を活かして、体型に困っている女性の皆さんに役立つ記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です